診療のご案内アレルギー科 -福岡県久留米市-

アレルギー科

アトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、じん麻疹など
アレルギー症状で悩んでいませんか?

アレルギーに関するお悩み
癒しの森内科クリニックでは、「皮膚」「鼻」「目」「のど」「気管支」など幅広く出現するアレルギー症状を、西洋薬と漢方薬を組み合わせて総合的に対応することが可能です。
抗アレルギー剤を飲んでいて眠気が気になる方には、より眠気が少ないタイプのお薬(※個人差がありますので、必ずしも眠気の副作用が改善するとは限りません)を処方いたします。

また、漢方薬(保険適応)と組み合わせることで眠気の副作用を出にくくすることも出来ます。
症状によっては「点鼻薬」・「点眼薬」・「塗り薬」も処方いたしますので、個々人の症状に合わせた総合的な治療を行います。
漢方薬のみで治療したい方だけでなく、今まで行われていた西洋医学的な治療に漢方薬を組み合わせたい方もお気軽にご相談ください。

当院では、上記の治療に加えて、「非特異的変調療法(保険適応)」を行っています。
非特異的変調療法とは、「ヒスタグロビン注射」と「ノイロトロピン注射」を定期的に注射することでアレルギー反応を起こしにくくする効果が期待できる根本的な改善療法になります。
「飲み薬」・「塗り薬」・「点鼻薬」・「点眼薬」などと併用することで、よりしっかりとした効果が期待できます。(※効果には個人差があります)

東西統合医療

癒しの森内科クリニックでは、西洋医学と東洋医学の「いいとこ取り」の治療を行っています。
従来から行われている西洋医学的のみの治療、また漢方薬のみの治療も積極的に行っていますので、お気軽にご相談ください。
~検査について~

血液検査を行うことでアトピー性皮膚炎・喘息・花粉症などのアレルギーの病気の原因などを知ることが出来ます。

「非特異的IgE(総IgE)」
免疫に関わるタンパク質です。体質によって上がりやすい方と、上がりにくい方がいます。
標準値と比較して、「高い」とアレルギーがひどい、「低い」とアレルギーが軽いと判断します。
しかし、体質による数値の差があるため、IgEの「数値の経過」が重要になってきます。
アレルギー症状が落ち着いてくると、IgEの数値が下がってくることが多いです。
「特異的IgE」
原因と思われるアレルギー物質(食品アレルゲン、花粉やカビなど吸入アレルゲン)に対する特異的なIgEについて調べることが出来ます。
IgE-RASTと一般的に呼ばれています。
一度に調べることができる項目数に限りがありますので、あらかじめ気になるポイント(季節の変わり目にアレルギー症状が出やすい、犬に近づくと調子が悪い、稲刈りの次期に調子が悪い、エビを食べた時に調子が悪い・・など)を記録しておくと、診察の際の助けになります。
総IgEの数値によって左右されるため、体質によって高くなりやすい方と低くなりやすい方がいます。
よって、あるアレルゲンに対するIgE-RASTが陽性であっても、必ずしもアレルギー反応が起こるとは限らないです。

~治療薬について~
1)漢方薬
漢方薬を処方する場合は、個々人の体質(「証」といいます)に合わせて処方する必要があります。
症状や胃腸の強さなどを踏まえて、処方しています。
必要に応じて、複数の漢方を組み合わせる場合もあります。
◎代表的な処方例◎
 赤み・痒みが目立つ皮膚炎 ⇒ 消風散、越婢加朮湯、白虎加人参湯など
 赤く腫れた皮膚炎、じんま疹など ⇒ 葛根湯、越婢加朮湯、防風通聖散など
 乾いた感じの皮膚炎 ⇒ 四物湯、当帰芍薬散、温経湯、十全大補湯、温清飲、当帰飲子など
 気管支喘息 ⇒ 小青竜湯、麻杏甘石湯、小柴胡湯、半夏厚朴湯、柴朴湯など
 鼻炎 ⇒ 小青竜湯、苓甘姜味辛夏仁湯、葛根湯、麻黄附子細辛湯など

2)抗ヒスタミン剤
アレルギー症状の治療薬として主に使われる薬になります。くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・体のかゆみなどを引き起こすヒスタミンの作用をブロックしてくれます。
現在、多くの診療所や病院にて処方されている抗ヒスタミン剤は第2世代抗ヒスタミン剤で、眠気や口の渇きなどの副作用が軽減されたものになります。
しかし、効き目や副作用(眠気や口の渇きなど)の出方には個人差がかなりあります。
癒しの森内科クリニックでは、体質に合わせた細かいお薬の調整が可能ですので、ご遠慮なく相談してください。
ジェネリック医薬品があるものについては、積極的な処方も行っています。
また、今まで多くの抗ヒスタミン剤を試したものの、眠気の副作用が強かった方には、漢方薬の併用もお勧めしています。
抗ヒスタミン剤と漢方薬を併用することで、眠気の副作用を抑えつつアレルギー症状をさらに改善することが期待できます。

3)外用剤
◎点鼻薬◎
「ステロイド点鼻薬」がよく処方されています。
鼻づまりのひどい方にはよく効きます。
持続性もあり1日1~2回の投与で十分な効果を得ることが出来ます。
定期的に使用することで効果が高まっていきます。
また、鼻粘膜に局所的に作用し、体内にはほとんど吸収されないため、副作用も少ない安全な治療法の一つとなっています。

◎点眼薬◎
抗アレルギー点眼薬が第一選択になります。
抗ヒスタミン作用を持つ点眼薬には、ある程度の即効性が期待できます。
目の痒みや眼脂などが酷くて、抗アレルギー点眼薬のみでは十分な効果が得られない場合には、ステロイド点眼薬を併用します。

非特異的変調療法

非特異的変調療法は、特定のアレルギー物質に対して感受性を低下させる「特異的減感作療法」とは異なり、各種アレルギー反応を抑制しアレルギー反応を起こしにくくする、根本的な改善療法になります。
~ヒスタグロビンとは?~
  • 非特異的変調療法薬であり、アレルギーを治療するお薬です。「気管支喘息」・「アレルギー性鼻炎」・「じんま疹」・「慢性湿疹」・「アトピー性皮膚炎」に保険適応があります。
  • 人免疫グロブリンに微量のヒスタミンを加えた配合剤です。他の薬とは異なり、アレルギー体質を改善して、症状を治す注射になります。
  • 成分である人免疫グロブリン国内の献血血液から製造されています。感染症のリスクを排除するために、現在の最高水準の安全対策が行われています。昭和42年に国内で発売以来、一度も感染症を引き起こしたことはない安全性の高い薬となっています。
~ヒスタグロビンの作用は?~
  1. 好酸球の浸潤を抑え、アレルギー症状の「悪化」・「慢性化」を抑えます。
  2. 肥満細胞からのヒスタミン放出を抑え、「くしゃみ」・「鼻水」・「痒み」・「浮腫」などのアレルギー症状を改善します。
  3. ヒスタミンに対する抵抗力を与えます。
~保険適応~
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 血管運動性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • じんま疹
  • 慢性湿疹
  • 気管支喘息
~治療スケジュール~
成人は週に1~2回を6回注射し、1クールとします。
小児では週に1回の間隔で6回注射し、1クールとします。
十分な効果の現れない場合には、更に1クールの注射を行います。
いったん現れた効果を維持するためには、3~4ヶ月ごとに1回の注射を反復します。
~特徴~
  • 効果には個人差があり、全ての方に同じ効果があるわけではありません。
  • 「ヒスタグロビン注射」は生物由来製品であり、副作用が非常に少ない薬剤になります。
    (まれに眠気、めまい、頭痛、吐き気などの副作用があらわれることがあります)
~注意点~
  • 成分である人免疫グロブリンは国内献血由来の血液を原料とする、特定生物由来製品(生物製剤)に分類されます。
  • ヒスタグロビンは製造過程において、現在の最高水準の安全対策が行われ、細菌・ウイルスなど理論上は全ての微生物の排除をしています。そのため、1967年に発売以来、ヒスタグロビン注射による感染症の報告はありません。
  • 「ヒスタグロビン注射」を含めたヒト組織や血液を原料とした製品を使用した方は、献血を控えることが求められています。
  • 生ワクチン(麻疹・風疹・おたふくかぜ・水痘ワクチン)の効果獲得に対しても影響を与える可能性があるため、ワクチン接種からは最低2週間あける必要があります。
~ヒスタグロビン注射が使えない方~
  • 過去にヒスタグロビン注射を打ってショックの既往歴がある方
  • 激しい喘息発作時の方
     ⇒ 症状を増悪させる可能性あるため
  • 月経直前および月経中の方
     ⇒ 一時的に症状を増悪させる可能性があるため
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方
     ⇒ 妊娠中の投与の安全性が確立されていないため。
  • 著しく衰弱している方

お気軽にお問い合わせください。

TEL:0942-65-6010
電話受付:9:30~19:00(月~水、金土)
     9:30~14:00(日・祝)

インフォメーション

休診日 木曜
診療時間  
日祝以外 午前: 9:30~12:30
午後:14:30~19:00
日・祝 午前: 9:30~14:00
午後:休診
住所
久留米市新合川1丁目3-30
ゆめタウン久留米 別館2F
(クリニックゾーン内)

Healing Forest 癒しの森内科クリニック

癒しの森内科クリニック
エイジングケア外来

エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム

エンビロンメンバーズサイト 申し込みフォーム

Aケア協会

Aケア協会